日本語教授法

ハロウィンで思い出した

就職してから仮装なんてしていないなと思ったけど、そういえば日本語学校の授業で、ある動詞の活用を教えるときにはいつもやっていたことがありました。 命令形、禁止形を教えるとき。 授業の冒頭数分で「あ、すみません、忘れ物してきたのでちょっと職員室…

突然の質問、答えられなかったら「私の宿題にします」でいい?

5月1日に出産したのですが、その直前ぐらいから家で仕事をしています。日本語教育能力検定試験対策講座の仕事です。 その受講生とネットや通信添削課題でつながっています。 やりとりをしていると、去年まで授業をしていた日本語教師養成講座の受講生によく…

古い教授法批判もわかりますが

構造シラバス、文型積み上げ式の日本語教授法に忠実に沿っている日本語学校はいまだに多いのですが、 なぜそんな時代遅れのことをやっているのか、変わらないのか、といった声もよく聞きます。 そして『みんなの日本語』を使うのが定番という風潮。 私は今は…

人に伝えるために大事なこと

日本語教師養成講座で担当している実習生との関わりで、私自身の考えを伝える機会がたびたびあったので、忘れないためにもここに写しておきます。 サボりがちな自分に言って聞かせたいことばかりです。 失敗しても動じないようにすることが必要だと思った、…

アドリブはその場の思いつきではない

前回書いたとおり、これから日本語教師になりたい人の手伝いをしています。 今日は教案のことについて。 これは教師向けの書籍などでよく見られますが、教師になる前の人、教師ビギナーの人には授業の教案をできるだけ細かく書くように指導しています。 教師…