アイスブレイクについてのメモ

あちこちで「日本語学校の授業が始まったよ」という声を聞いて、ああそうかその時期だったっけと思う現在無職です。

新年度が始まってだいぶ時間が経ってしまいましたが、人々が最初に顔合わせをするときによく行われるアイスブレイクについて、自分でも忘れないようにちょっとここに書いておきます。

 

アイスブレイクって、緊張で凍ったような場をほぐすための活動ですよね。

例えば、みんなで輪になってボールを投げあいながら自己紹介をするようなあれです。

あれって、どうして行うのか。

楽しい雰囲気になるから、みんなで話しやすくなるから、お互いのことが少しわかるから、だいたいそんなことで取り入れるんだと思います。

それはもちろん正解。

でも、教師はもう一歩踏み込んだところで、その目的をきちんと捉えて行うべきじゃないかなと思うんです。

 

国語学習において、緊張したときとそうでないときの口の滑らかさは違います。

それからアウトプットだけでなく、インプットにも影響ある場合が。

だから頭の緊張を解くために体の緊張を解く、まずそのためのアイスブレイクです。

体が適度に弛緩すると頭の緊張も解けます。

そうすると口もより滑らかになったり、新しい情報も入りやすくなったりします。

イスに座って固まった姿勢でいるより、立って体を動かしてほぐしましょうということです。

 

それから、知らない人と話すより知っている人と話す方が気楽です。

だから、お互いを知るためのアイスブレイクをします。

でもクラス全体に向けての自己紹介は苦手な人もいます。

また、好きすぎてしゃべり続ける人がいても、まだクラス全体がそれを受け入れる雰囲気ではないかもしれません。

そこで、簡単にお互いをちょっと知るためのアイスブレイクをするわけです。

 

この二つを兼ね備えた具体的な方法として、最初に書いたようなものは進行もしやすくていいですね。

輪になって誰かにボールを投げます。

投げるときにその先の人に向かって何か質問を言います。

「お名前は?」「好きな食べ物は?」

受け取るときにそれに答え、そしてまた誰かに投げながら質問をします。

ある程度時間を決めて行う感じです。

 

それから、私はもっと好きなのがあります。

誕生日順で並ぶアイスブレイクです。

1月からでも日本の新年度4月からでもいいんですが(これもみんなに聞いて決めます)、全員立って近くの人と誕生日を教えあって、月・日が早い順に教室の真ん中に一列に並びます。

その後、できた列をぐるーっと輪の形にして、全員が顔を見せ合うようにして最初の人から名前と誕生日と何か一言自己紹介していく、というものです。

これをするときの注意点は、クラスの中で誰かが仕切らないようにすることです。

「はーい、じゃあ4月の人からここ並んでくださーい」とかされてしまうと、何も話さないままただ並ぶ人が続出してしまいます。

そして、これを始めるときに教師は「誕生日の月・日が早い順に並んでください。年は関係ないですよー」というお約束のセリフを入れること。

なぜかこれがウケます。

誕生日ってすごいパワーがあります。カレンダー的には何でもない普通の日でも(もちろん祝日生まれの人もいますが)、その人にとっては特別な日。

それをみんなに聞いてもらえるって、ちょっとワクワクします。

 

あと、どのアイスブレイクをするときにも大事なのは、教師もその中に入って同じことをするということです。

教師もこのクラスの一員であり、一段高い教壇みたいなところに立っているわけではなく、みんなと同じところにいます、と最初に知ってもらうためです。

 

書き出してしまえば、その目的はやっぱり特別目新しいことではありません。

ただ、これらを意識して行うことで、その後の本題である授業に効果をそっくり引き継げると私は考えています。

そして、メンバーによっては、体を動かしてそんな子供みたいなこと…、と思われるかもしれません。

そんなときは、これらのアイスブレイクの目的について先に少しバラしてもいいのではないかと思います。

理屈が通っていれば、大人も納得。

 

誕生日順で並ぶというのは、こちらの本にあったものをアレンジしたものです。

 

アイスブレイク入門

アイスブレイク入門

 

 

この本には他にも面白いのがたくさん載っていて、通常の授業内の活動に使えそうなものもあります。
あー、私もこういうのまたやりたいなー。
今は、新しい社会にやって来てまだ自分がアイスの状態です。仕事もまだこれから。